家を買うなら2度値切れ!!住宅購入を後悔しないための秘策は住宅見学の前から始まっています。

nini

住宅ローンの返済不能と判断した時は

住宅ローンの返済方法の対策を考えた上で

「やはり返済を継続するのは困難だ」
という結果になった場合は

家を売却するということも1つの方法です。

住宅の売却価格と住宅ローンの残債

長期間のデフレによって住宅、土地の価格は
長い間下がり続けています。

そのため、住宅の売却を考えた場合
思ったよりも高く売れないのが現実です。

住宅が売れる価格で売却した場合

住宅ローン > 売却価格

となっていることが多く

この場合、普通に不動産屋を通じて売却というわけにはいきません。
売れてもローンが残るのであれば金融機関が納得してくれないのです。
もちろん残債を一括返済できるのであれば問題はありませんが・・・

任意売却という方法

通常の売却方法とことなり
住宅ローンを融資している金融機関と相談、承諾の上で
売却を進める方法に任意売却という方法があります。

主に住宅ローンの返済が滞った場合に
自分から家を売却する方法として用いられています。

自分から売却しなければ
裁判所を通じて競売という方法になるわけですが

任意売却の方が市場価格に近い値段で売却できるため

残った住宅ローンの負担が軽くなるメリットがあります。

任意売却を行う場合、

任意売却を行う場合、売却を扱う
不動産業者の信用力、経験と知識、金融機関との折衝能力で結果が変わっています。

住宅ローン > 売却価格

である以上、住宅ローンが残っている部分を

どのように処理していけば良いのか

という部分までしっかりサポートできてこそ
信頼のおける業者ではないかと考えております。

当事務所では任意売却を決断する前段階から
残債処理の段階まで丁寧にアドバイスさせていただいております。

あなたの希望に沿った解決方法を一緒に考えます!!

任意売却の相談は
問い合わせよりご相談下さい。

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional